ゆるりお届けセット。

IMG_7744

石垣島のgiving tree homeでは毎日ゆるりと酵母を育て、パンやお菓子を焼いています。
そんなパンやお菓子をお届けできたらと思い、セットにしました。
詳しくはこちらをご覧いただければ嬉しいです◎

https://giving-tree-home.com/2020/04/20/%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%84%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%81%ae%e7%99%ba%e9%80%81%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%82/

暮らしの見なおし。

引っ越ししてきて半年が経ちました。
越してきた当初、ガスコンロの到着が遅れ焚火生活をしていたのですが、文明の生活が始まると何も考えずガスコンロですぐカチャッと、、、と、ここで見なおしを。

rr

庭の石積みの小さな窯も少し改良をし、日々をご飯は窯で火をくべって炊くことに戻しました。
やっぱり炊き上がりの香りが違う。
それに、窯を土鍋に合わして作ることで意外に少ないエネルギーで炊ける!

また火をくべっている時間はゆっくりとした時間で、炎を見ながら豊かさをしみじみ感じる大切な時間となっています◎





滝日和。

ii

ある晴れた日、新しい滝へ案内してもらい行ってきました。
数年前、少し滝にあたるだけで身も心も何かすっと軽くなることを実感してから滝に行くことが大好きになりました。

uu
新しく知り合った滝は、ゴロゴロ大きな石があり沢登りをしてたどり着く場所。

ジャングルの森の空氣も最高に心地よく、エネルギーが満たされる午後を過ごしました◎

雑草って?

なんだろ、、。

d

画像は”カタバミ”です。
同じ集落の小さな先輩(小学生)が”この花美味しいですよー、花の部分が1番好きで、茎も食べます!”と教えてくれました。
食べてみると、酸味があって美味しい。
カタバミは雑草や野草と呼ばれます。

島に来てから”食べれる草ってわかる?”と聞かれたことがあって、野草の本を片手に庭や畑、道端の雑草を観察し始めました。
観察していくと結構食べれる野草が身近にあって、本に”サラダが普及するまで食べられていました”と書いていたものもあったりでびっくり。
”雑草”の見方が変わってきました。

kk

引っ越してきて、草刈りや木の伐採後の庭の緑化をどうしようか考えていた時、ある本で”雑草で芝生にする”という方法を見ました。
ある程度の長さは残してそれ以上の高さになった草だけを刈る、を繰り返すとそれ以上の高さの植物は育ちにくくなって低い高さの植物が育ちやすくなり庭を緑で覆ってくれる、というもの。
で、実践。
定期的に草刈りをしているのですが明らかに上に伸びる子が少なくなってきています。
庭が緑で覆われるようになってお店に来た子供たちが走り回って転んでもケガをしなかったり、雨の日も歩きやすくなったり、食べれる野草も摘めたり、色や形が様々で花も咲いたりで、、◎
もはやもう僕にとっては雑草ではなく大切な庭の緑たちです。

自分で種を蒔いたり苗を植えたりして植物の成長を見るのも好きですが、自然がこの場所にもたらしてくれた植物とバランスをみて共生していく感覚も大切にしていきたいと思う、日々模索しながらの生活は続きます。





1番初めに、

6

庭で花を咲かせたハイビスカス◎
頂いて、挿し木していた子たちが続々と根付いているところです。

先輩たち曰く、数年後には茂って目隠しになるとか。
楽しみです◎


かけ継ぎ日和。

o

かけ継ぎ直後のレーズン酵母とアップルミント酵母。
サンキャッチャーからのプリズムと心地良い風の中スタートです。

p

そして2時間後の様子。
元氣な様子に癒されます◎




味噌作り週間。

IMG_7758

おから味噌(島で大好きな豆腐屋さんのおから使用~)に、

IMG_7755

小豆味噌(大阪を出る際頂いた丹波の小豆使用~)◎

k

エネルギ高めに、薪で豆を煮る。
(最近愛用の石を積んで作った何とも原始的な小さな窯!庭に数ヶ所作って楽しんでいます◎)

起こすことに慣れているのか、寝かすはずが毎日氣になって見てしまう日々ですー。



とても平和な、

x

レーズン酵母。
1番付き合いが長く、絶大なる信頼をおいています◎

写真はかけ継いで半日頃。
レーズンは半分の子は浮いて、半分の子はこれから〇
呼吸しパカッと空いてくる蓋も可愛く思います◎

瓶の中は今日も”発酵の母たち”を筆頭に、平和な微生物たちが共生する世界が続いています。

土のある生活。

IMG_7750
ベランダで土に想いを巡らしていた大阪での生活。
今は”1歩家を出たら足元は土”な生活になりました。
雨の日は足元が、、アスファルトは便利だけど、だけどこの土を覆っているのか、、、。
なんて、まだまだ土に想いを巡らしている日々を送っております。

IMG_7726

自宅の庭だけでなく、近所の方のご厚意で小さな畑スペースを貸して頂くことになり家庭菜園も初めました。
庭や畑には少しずつのレタス、キャベツ、人参、トマト、ピーマン、茄子、かぼちゃ、ハンダマ、ウコン、新生姜、紫蘇、バジル、レモンバーム、ミント、レモングラス、ヨモギ、長命草、ネギ、パクチー、パセリ、バナナ、パパイヤ、グァバ、シナモン、コーヒー、、皆どう変化していくのか毎日の見回りが楽しみです。

IMG_7746
実り始めたグァバの実◎

IMG_7733

外の客席横のまだまだ小さなバナナさん。
実るのは来年以降かな~と。

土のありがたさをしみじみ感じる生活をしています◎




kubopanさんでの。

IMG_7738

さいたま市浦和のkubopanさんで2日間のパン教室、そしてゲストとして参加させて頂いた3日目のkuboぱん倶楽部、この3日間ご縁があって参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

パン作りだけに限らず色々な深いお話もシェアできたりと、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。
お会いした全ての皆さまの温かい笑顔を胸に、今も余韻に浸っております~平和に満ちた時間に本当に感謝しております。

そして、この僕を石垣から呼んで頂いて素晴らしい時間をご用意してくださったkuboぱんさんに大きな大きな感謝を込めて、、本当にありがとうございました。

”cafe mizuiro”

IMG_7637

先日、大阪中崎町で素敵なパン仲間がお店をオープンしました◎
場所はかつて僕が大変お世話になったお店”カヌトン”があった場所、、またまたあの場所でのご縁にびっくりです。
”cafe mizuiro”、今から行くのが楽しみです。

cafe mizuiro
大阪府大阪市北区中崎3-1-12

https://www.instagram.com/cafe_mizuiro/

日々精進。

1

酵母で作るスコーン。
最近は”酵母と素材が織りなす層”に今の僕なりに着目して、日々焼き続けています。

奥深きスコーンの世界!

野底マーペー。

僕の住んでいる石垣北部の野底には可愛いカタチをした野底岳、通称”マーペ―”があります。

そんなマーペ―の頂上に、先日初めて登ってきました。
小さな山なので途中の山道から登れば30分程で頂上へ。

2

頂上から見える僕が暮らす集落。

そんなマーペーに見守られながら今日も有難い島の時間の流れに居ます◎





プルメリアの、

その後。

IMG_7711

プルメリアは僕のお世話なしでも、雨の恵み、太陽や月のエネルギー、自然大きな循環の中に仲間入りし、立派に根付いて青々とした葉を付けて育っています。

この場所で育つことをこの子が”賛成”をしてくれて、その氣持ちにより自然のエネルギーたちがサポートしてくれたんだと。
プルメリアのお返事と宇宙の優しさに感謝です◎



近頃。

IMG_7714

giving tree homeをスタートしてからお店がオープンの日の朝の時間、パンを焼き上げることが日課です。
発酵の合間に愛犬と散歩に行ったり、近くの畑の様子を観察しに行ったり、窓の外の緑や庭に来る鳥たちを眺めたり、、心穏やかな時間を過ごしています。

毎日がドラマチックなんだと、近頃深く感じるようになりました。


黒島。

IMG_7716

はじめての黒島へ。
“この島が八重山諸島で1番好き”と言う声をよく聞きます。
画像は眺めの良いこの島で有名な長い桟橋。

人より牛が遥かに多いこの島は、本当に穏やかでのーんびりな島でした。

IMG_7725

黒島好きの氣持ち、何だかわかる氣がします◎




大好きな海の色、

b

といえば、西表の海(上原方面)です。
引っ越してくるまで八重山諸島で1番通った場所かもしれない。

久々に訪れたお世話になっていた宿のお母さんが変わらずとても優しくて、沢山のパイナップルを持たせてくれて、海の色もとびきりで、温かいものが心と身体に深く深ーく沁みて、、何とも言えない優しい幸せな氣持ちになりました。