西表島へ。③

IMG_6070

夕飯後、夕日が沈んでいくのを海に浸かりながら眺める時間は本当に贅沢な時間です。
空の綺麗な赤いグラデーションがゆっくりとなくなっていったと思えば、反対の空でお月さまが輝いていました。
水平線が見えて、波が穏やかで、平和な時間。
地球に身を任せると、水面にプカッと浮き、夜空になっていく空を眺めました。

明後日は満月。

宿のお母さんが、
“今年は閏年。5月が2回来るでしょ?大潮あたりは魚も良く獲れるし、今年はマンゴーこんなに大きかったって。”
と話してくれました。

自然のリズムの中で生きているのを改めて感じました。






西表島へ。②

IMG_6029

見れば見るほど可愛くて、気付けば何度もシャッターを切るもブレブレ。

IMG_6037

擦り寄ってきてくれて、嬉しくてこっちも擦り寄って、、癒しオーラが凄い◎
本当に可愛い子でした◯

IMG_6066

道を横断する亀。

入ったカフェで読んだ本に、“地球は沢山の種類の生き物が暮らす星。人間はその中の1種類。地球は皆でバランス良く住むもの、人間だけのものじゃないよ~。”という様な事が書いてありました。
西表はそれを感じさせてくれる島だとも〇

島の大半を占める緑達を眺め、あのジャングルの中には人間1人も暮らしていないのかと思うと、人間が本当にちっぽけなことにハッとさせられます。
地球には水と太陽と土があって、植物が育ち、酸素が生まれ、僕たち人間の生きる為の呼吸とエネルギーを与えてくれている。
自然の恩恵を受けて生かせてもらっているそんな当たり前のことを深く改めて感じます。

僕たちは地球に何かお礼はできるのでしょうか。
先ずは、感謝でしょうか。



西表島へ。①

またまた、島へ。

IMG_6006

空港から離島ターミナルまでのバス、黄色い蝶々が一緒にバスに乗りました。
ずっと同じ席(窓??)で移動。

鳩間島経由の高速船で西表島に。
初めて見る鳩間島の海の青さに見惚れて、写真を撮るのも忘れる。

IMG_6007

天気予報が有難い事にハズレ、晴天、青く美しい海◎
到着時は丁度干潮。
遠浅なので歩いて行けそうに見える鳩間島。

IMG_6018

ちらりと顔を見せる美しい色の月桃の花。

IMG_6051

予定は何一つ決めてない1日目。
海を眺めたり、潜って魚を見たり、近くを探索したり、ボーっとしたり、ハンモックで寝たり、、。
とにかくゆっくりと時間を過ごしました。
時間の感覚が、やっぱりいつもと違う。
そんな土地の持つ強く優しいパワーに癒され、包まれ、過ごしました。




南の島からようこそ。

IMG_5988

沖縄でいつもお世話になっている大好きな方から届いた植物たち。
癒しの香りを放つパッションフルーツたちはジャムに。
青唐辛子も泡盛(沖縄ではコーレーグスと言います)に漬けようか、酢漬けにしようか。

植物たちは日に日に熟成、乾燥、、変化していきます。
もう少しゆっくり楽しみたいので、何かひと手間かけてみます◯

ソープナッツ●

IMG_5823

友人からプレゼントで頂いて愛用している洗濯洗剤。
名前の通り、木の実そのまま、100%ナチュラルです◎
洗濯機に乾燥させてある木の実を入れるだけ。
奥の液体は自分で煮出して作ったリキッド。

この木の実、日本でも少し昔は洗剤に使われていたそうです◯
調べると種は羽子板の羽根の玉や数珠にも使われているそうです。
身近な植物!

自然からの恵みを感じながら、心地良く楽しく使ってます◎
衣類も身体も心も喜ぶ!
(CMみたい)


八重山諸島へ…Ⅴ

IMG_5865

“頑張れよーー!!”と、大きな声が聞こえたその方を見ると、港と出航した船の間でテープがなびいていました。
島には小学校と中学校しかなく、高校生から島を出るそうです。

僕が島を出る日も高速船には1人の青年が乗っていて、皆とテープを持ち合い、島の皆に見送られていました。
港に集まった島の子供達やお母さん達の温かい満面の笑顔に少し恥ずかしそうに彼は手を振り、遠くなっていく島を見ていました。
これからの彼の人生が楽しみだな~と、お会いして間もない青年の人生の幸運を祈りました。
振り返ると、港からテープが離れた子供達が数人ふざけて青い海に飛び込んでいたり。
温かい気持ちで胸がいっぱいになりました。

八重山諸島へ…Ⅳ

IMG_5891

大見謝川の河口。
川から海へ繋がる境界線がない“水”たち。

IMG_5877

マングローブの木々、穏やかな海、水の中を泳ぐ魚たち、水面の生き物たち、鳥たちの鳴き声、通り抜ける風、、共生する沢山の植物、生き物、目に見えない小さな微生物たちも、、ただ全てが流れるまま、“自然”にありました。

IMG_5882

“自然”とは“人の手を加えていないありのままの状態”、、人類がまだまだ始まっていない何億年前の地球を見たようでした。




それぞれの◎

レッスン時、“この子大丈夫ですかね??”と持って来て頂いた酵母たち。
一応パン作りに活躍してくれるのか、試しにパン作りをしてみたりします。

IMG_5833

この日も3つの違う瓶出身の酒種酵母達を焼き比べ。
皆さん無事ふっくらパンへと焼きあがりました◯
それぞれの香りとスピードで、ふんわり美味しいパンに辿り着ければ良いのです◎