あけましておめでとうございます◎

IMG_5933

あけましておめでとうございます。

2017年も皆さんのお陰で、日々本当に和やかで平和な時間を過ごさせていただきました。
毎回毎回のレッスン、いつも沢山の温かい優しさと笑顔に本当に感謝しております。
いつも大切なお時間にお越しいただきまして本当にありがとうございます◎

IMG_6400

年末年始のレッスン、今年はクグロフを皆さんと一緒に焼かせていただきました。
恒例の限定オリジナルギフト、今年はエコバッグを作りました。
そしてそして、毎度お馴染みイラストレーターの朝野ペコさんにお願いして今回もこのバッグの為にイラストを描いていただきました◎
色々な案を頂いた中、“山の頂上に登った”イラストを選ぶことに。
山の頂上に登って山の間から昇ってくる朝日を見たイラスト。

個人的に、2017年は教室にパンを焼きに来てくださる方で、お店をオープンされたり、自分の夢に近づく為、より自分らしくなる為に新しい扉を開かれた方が沢山いました。
僕自身、そんな皆さんの人生の輝かしい瞬間に立ち会えたというか、お祝いできたことに本当に嬉しくて嬉しくて、心が温かくなる経験を沢山させていただきました。
素晴らし出来事で、本当に深く心が動いて、“感動した”のです。
そんな皆さんから大きな大きなパワーをいただいて、感謝感謝の日々で、、本当にありがとうございました。

そんなそれぞれのまたひとつ素敵な山の頂上に登った方、頂上を目指している方のイメージにぴったりでポジティブなメッセージがいっぱいのイラストを、今年も1枚1枚、ペコさんに手伝って頂き手刷りしました◎
使っていただければ嬉しいです~◯

2018年も、更なる皆さんそれぞれのキラキラ輝ける年になることを心より祈っております☆

いつも、本当に、本当にありがとうございます◎



お菓子ときどきパンの店 *nonchalant*

先月、素敵なパン仲間がお店をオープンしました◎

IMG_6338

大阪の内長野の美加の台にオープンした*nonchalant*、さっそくいってきました。

IMG_6339

真面目に丁寧に作られたフードやドリンク、ゆったりとした空間で過ごす時間に癒されました~。
お菓子&パン(不定期だそうですー)好き、ゆっくりのんびり過ごたい方はぜひ◎

*nonchalant*
河内長野市加賀田183-1

https://www.yooying.com/nonchalant.joie

小料理たるたる

久々に“たるたる”さんへ。

IMG_9330

たるたる名物季節の七種の季節膳。
ひとつひとつが気持ち良いほど丁寧で、どれもこれも本当に美味しいです◯

IMG_9327

愛嬌のある表情の白兎に見守られながらゆっくりお食事を楽しみました◎


小料理たるたる

http://tarutaru.oops.jp/index.html

焼きもの。

IMG_9343

器は焼きもの繋がり。
1つ1つ大切に手作りされている器たちはものはシンプルな料理も優しく包んでくれます◎



凪の穏やかさ。

FullSizeRender

和歌山での贅沢な時間。
夕日が沈んでいくのをゆっくり眺めて、大好きな空の色に癒されて、のんびりとした時間を過ごしました。

2

防波堤で相棒の凧を揚げて楽しもうとしたところ風が全くなく、揚げようにも揚げれず、、初めて“夕凪”を知りました。
本当に穏やかな夕暮れでした◯

島へ…③

IMG_6274

海の色は大きな癒しです◎

IMG_6287

日中のお天気にも恵まれて、何度も魚や珊瑚の世界にお邪魔させていただいてました。


島へ…②

2日目は新月。
お月さまの隠れている夜空は星も一段と綺麗で、天の川も綺麗に見えました。
たまたま港に三線を演奏しに来ていた方と出会い、満天の星空を見ながら三線の音色を聴き、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

宿のご主人と話すといつも、“旧暦では今日が…”、“今日は大潮だから…”と太陰暦での暦でのお話になります。
確かに1日目(新月前日)と2日目(新月当日)の海の満ち方が誰が見ても分かるくらい全く違うかった…自然のリズムに合わせて見ていくと、やっぱり全てが繋がっていて、色んな事が腑に落ちます。
まさに“百聞は一見に如かず”、です◯

IMG_6273

3日目の日の出時外に出ると、朝なのに見渡す限り何故か空全体が茜色で、昇る太陽と反対側にはダブルレインボーが見えました。
神秘的な景色に包まれた素晴らしい朝でした。






島へ…①

秋らしくなってきたのもいいのですが、まだまだ暑さを求めてまたもや南へ。
行く先はまたまた西表島です◯

IMG_6278

今回お世話になった部屋。

IMG_6254

柔らかく大らかな波の月ヶ浜。

IMG_6260

沢山の生き物が共生する星砂の浜。

不思議なくらい時間の流れが緩やかで、ただその流れに身を委ねて過ごしました。